こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在、時遡って更新中。)

気まぐれリアリスティック

気まぐれに、某ニュースサイトの記事にコメントなどしてみるのだが、なんというか...あれは新たな自傷行為だなと思った。自分の意見に対して少なからずBADや批判(否定)コメがつくことは、当然必然とわかっていても少し傷つく。削られる。見なきゃいい、なんなら最初からコメントなんかしなきゃいいってのはごもっともなんだけど。もちろん、それらの“反対意見”が“全て真っ当”だとは1ミリも思っていないし、「理解し合えない人は一定数いるもんね~」とはあらかじめ思っているつもりだ。聞けば、内容を全く見ずにBADを押しまくることを興に思う人や他人を叩くことで悦に入っている人なんてのもいるらしい。だから、BADを全て鵜呑みにする気はさらさらないんだけどね。とはいえ、やっぱり人は否定されると悲しい悔しいと思うのがサガだし、私もネガティブの方に吞まれがちだから、他者の言葉や感情を“受け取る”行為はリスキーだ。「こんなに否定されるなんて...自分はダメな人間なんだ...」とまで極端にはいかないけど、自分が受け入れやすい・傷つくのがわかってて、それでも己を叩きの餌として置いてくるならば、それはやはり心の自傷じゃない?と思った。

実状でいうと、私の気まぐれぽろっとな意見は、取り立てられるでもなく炎上するでもなく、割とスルーされてきたと思う。BADにはそれなりに傷つくという話だが、その数が1だろうが100だろうが、否定されたという事実は同じで、一瞬ドキッとしてしまうことも変わらない。しかしながら、大概はGOODを頂くことの方が多く、ざっくり見てBADの20倍以上であった。その点においては、気持ちが救われている。これもまた丸々鵜呑みにするわけにはいかないが、多少は“私以外の誰か”が私の意見に賛同してくれたということである。「ああ、私はまだ一般大衆と同調できる感情を持ち合わせているんだな」と、そういうとこでも安心する。

コメントで、自分の意見が正しいと言い張るつもりも、突き付けるつもりもない。ただの意見交換だ。BADを付けまわって遊ぶ人に賛同はしないけど、そういう人間もいるのね、と思う。だから評価の数で一喜一憂してしまったとしても、それに囚われ続ける必要はないよなぁ。自分から“傷つきにいく”のは勝手だけど、言うも言わないも見るも見ないも自己責任だもんな。私は何故かついギリギリのとこを攻める癖があって、微妙な精神状態の時こそそういうリスキーなことを急に思い立ったりするんだけど、自制しないとな、と思った。自制は自衛なんだと。というわけで、これからも気まぐれに、気まぐれらしく、さら~として忘れるようにしようっと。

 

コメント 自傷 意思疎通 わかりあえない 気まぐれAmazonで検索