こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。

文字にすればあっという間の日々

パソコンを買おう!と思ったものの、長らく市場を覗いたり機種を調べたりしてないものだから、のっけからつまづいた。誰か助けて...と思いつつ、誰か はいないので、自分で吟味して選定するしかない。考えてみたら前のマイパソコンだって、自分でというよりは、学校が薦めてきたものの中から父上が決めただけだし、もしや今まで自分で考えて選んだこと自体ないのでは?と気付く。これが“パソコン買う!by myself”か。初めての携帯電話から今のスマホに至るまで、購入のたびにがっつり悩む私だが(大体が金額と己の必要要件の兼ね合い)、それと同様、もしくはそれ以上に、日々悶々と考えることになったのだった。

「要らんもんつけてもしょうがないんだから、普通のにしなさい普通のに」と父上に言われたが、普通のってどんなんよ?私の知識って、何も知らん人よりは知ってて、詳しい人には全然追いつけない くらい。久しぶりに山から下りてきた人の気分で、昔並んでいたものより機能は確実に進化していて、選びようにもさっぱりわからない。結局約1ヵ月、必要量を見極めようと調べたり、スペックを書き出して比較したりしていた。それらを全部スマホでやっていたので、小さい画面見ている時間が一気に長くなって、短期間で目が悪くなった気がする。

「ちょっとオーバースペックかな...」と思ったりもしたが、「まぁ大は小を兼ねるって言うもんね」と自分を納得させて、良さそうなものを決めた。「やりたいことがスムーズにできるように」といろんなところで見かけたコピーだが、やりたいことをやり尽くすにはとにかくお金がかかる...と改めて、切実に、思った。選択が、良か可か不可か、しばらく使ってみないことにはなんとも...だが、ひとまず初期不良もなさそうで、こうしてブログを書けてることにほっとしている。できる限り長ーーくコレを使っていきたいな。電子機器は何でも長持ちさせたい派。新しい、その一点だけでは購買意欲は揺さぶられない派。

ディドロ効果、だっけ?ひとつ手に入れるとそれに合わせてあれもこれもってなるやつ。これは元々の性格として危惧していることではあるけど、やっぱり大物ひとつ買うとその周辺のあれやこれを揃えたくなるんだよね。これ、怖いな。誰でも限界値があって、私は裕福ではないから、思い付きで至るそれをとっても警戒している。「これで絵を描きたいな。いい音で音楽聴きたいな。新しくて複雑な機能を試したいな。」とかこだわりだしたらキリがないから。今はひとまず、再びもやもや悩んでのち外付け光学ドライブを買うことを考えている。私にとって元来パソコンとはプレーヤーも兼ねているため。ほんとは分けた方がいいんじゃないか、とも思ったけどね。(音楽も、音のいいコンポ買うとか。)でもそしたらさ、またお金かかっちゃうから。現状、私のワガママも綱渡りなんだよ。

 

パソコン オーディオ機器 デジタルミュージック Amazon Music by myselfAmazonで検索

唐突に隠れてまた出たワケ

突如、毎日更新を中断することになって、「まぁしょーがねぇ」とは思いつつも悶々とする日々が始まった。仕事の大事なデータがパァになった人と比べたら、全然大したことじゃないんだけど、今までの用途に突然使用できなくなるというのは、やっぱり困ってしまった。騙し騙し生き延ばした先代のパソコンちゃんは余生のほとんどを音楽プレーヤーとして過ごしたが、それすらも失ったとき、本家プレーヤーを買おうよりも、これを機に他のこともできる(むしろそれが本来)おニューのパソコンちゃんを買おう、と思ったのだった。しかし、実際そこから年単位で時が経ち、父上のお下がりを借りることによって、決断を先延ばしにしてきたのである。

余談だが、昨今データ配信が当たり前になってきて、私も音楽サブスクや動画配信サービスをしれーっと使っているが、なんだかんだ言って、まだDISCが好きなのだなぁと思う。興味はあるが沼だと思うのでレコード文化には手を出していないが、やっぱりモノを手にしたいと思っているのだ。全てをそうするのは到底不可能だとわかっているから、大好きなアーティストや作品だけ、CDやDVDのDISCとして手元に置いておきたい。そしてそれを再生する機器が必要になる。だからプレーヤーかパソコンのドライブ、どっちかは必須なのである。とりあえず、今のところは。

話は何年か前に戻るが、まだギリギリ先代ちゃんがパソコンとして働けていた頃から、気になる新機種をピックアップして比較しては、まぁまだ大丈夫か、と購入に至らずを繰り返していた。お金の都合も大いにあったし、それよりはまずライフラインと思ってスマホの方も同じように悩み続けてやっとこさ買っているぐらいだった。(iPhoneの新機種が出るたび、初日に並んで買って次々と乗り換える人の気持ちや生活を、私は理解できていない。)最終的に決めるのは自分だから、と周りにあまり相談もしなかったし、父上と店頭を見に行ったり、ぼんやりスペック比較を眺めているだけで選ばないってことは、ほんとはそこまで必要じゃないのかもね、なんて自分で思ったりもしていた。

いよいよ先代ちゃんが本格的に壊れてどうにもならなくなった。しかし無性に文字をタイプしたいと思った時、これが所謂買い時か!とも思ったのだが、必要最低限だぞと差し出された借り物に、再び揺らぎ甘えることにしたのだった。そしてその状況下で私はココを始めた。やりたいことも特技もない私の、吐露欲を満たすだけのしゃべり場。継続が苦手なのに無謀にも毎日更新(できる限り)を掲げてここまできた。思えば借り物をずっと独占していたのだから父上には感謝だが、その子にもついに寿命が来て、急遽決断を迫られる日が来たのである。なるほど、これが本当の買い時ですね!と、壊れてしまったショックより新しいものを手に入れるワクワク感が勝った。けれどその直後から、これまたスマホ以上にうんうん悩み始める日々だ。ということでしばらくは、この件の堂々巡りな話が続く、かもしれない。

 

パソコン オーディオ機器 ポータブルオーディオ デジタルミュージック Amazon MusicAmazonで検索