こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

わかりやすく一刀両断してって

私は変わったつもりはないのにな、と思うけど、年々人間関係は“終わり”を迎えている気がする。そして新しく始まることもない。このご時世、ということもあるけれど、私自身が“外側”に飛び出していないから、だ。ついこないだまであったと思っていた関係(もしくは今もあると思っている関係)も、実はもう昔に、とうに終わってたんじゃないかということも最近考え始めた。どちらにしろ、私の思い込みだったのなら、私が“解放”されればきれいさっぱりだし、私の何かしらが原因で相手が一方的に切ったのなら、それはそれで自然の流れ、ということだ。そう思うしか、ないんじゃないか?本当に、済んだことなら。

自然消滅に慣れることはない。自分からのサヨナラは、毎回はっきり主張してきた。「今日のこの瞬間が“終わり”」だって、共に確認しなきゃ気が済まなかった。(相手が納得したかどうかは別にして。)それなのに、私の人生の中で、自然消滅っぽくなってしまった関係は、大概が相手から断たれたものだ。相手を責めるつもりはないが、私が何かをしたつもりはないんだよ。例え数年間連絡らしい連絡をとっていなくても、私の中では関係は続いているのに(だって“終わり”を確認してないからね、)知らぬ間に、連絡の術を絶たれてる。そりゃあ「ああ、これは(この関係)要らないってことかな」って思うよね。たまたま漏れたのかもしれないし、意図的に外したのかもしれない、「何にせよ酷ぇな」って思うものもあるし、「それなら仕方ない、エアーだけどバイバイね」とあっさり思えるものもある。でも事実がわかったとき一瞬ショックではあるよ。驚くし、自分だけ“関係者”みたいな顔してるってことでしょ、ばかみたい、って反省する。「自発的に何もしなかった私が悪い」っていうなら、それはお手上げ、仕方がない。それが“自然”である私とは、合わなかったんだから“消滅”っていうんなら、ね、仕方ない。

“いらない人になってくなぁ”って自分を顧みてたらどんどん他人評価に寄っ掛かっていくようで怖い怖い。本当の心の内が見せられる人は少人数でいいっていうけど本当にそう。それでも、“あった”ものが失われていくのはやっぱり悲しいな。自分をかまってちゃんだと位置づけると、かまわれるのが面倒くさくなっちゃう人なんでダメなんデス。私を必要としてくれるっていうのも、存在そのものを認めてくれてるだけでよくて、トイレについて来てほしいとか、一緒に旅しようとか、そういうのは極力要らんのデス。友達100人いた人が、私ひとり消して99人になっても別に平気だろうし、なんだったらすぐまた1人追加できるだろうし、そういう世界に私は居られないから、どうか健全なミュートで、よき人生を送れますように。

 

人間関係 自然消滅 終わりの予感 他人評価Amazonで検索