こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

あなたとわたし半径何メートル?

私って、「何にもできない」って自虐的に落ち込んでるのではなく、「あなたは何でもやってみたらできるんだから」って言われるのがなんとなく嫌で不機嫌なのかもしれない。できないと思っていることもたくさんあるし、今までなんとかやってこれたのだからそりゃあできることもそれなりにはあるだろうけど。「過去にできてたんだから今もできるよ」とか「やれば案外すんなりかもよ?」とか、励ましなのだろうけど軽々しく聞こえてイラッとするときがある。「過去と今じゃ“自身”も“環境”も“時間”も違うから、他人には判別できない、やるやらない・できるできないは本人にしかわからないよ」と言われた方が、清々しいし信頼できる。なんかさ、自分自身にはないのに、人が自分に対して根拠のない自信を持っていると、どういうこと?って思っちゃう。イメージの話なのか、ただの予想なのか、そうであったらいいなという願望なのか、私を励ましてくれてるのに私のことを見ていないような、そういう感じがする。

距離感が難しいと思ってるんだよね。人に対しても物事に対しても。適切、適量がわからない。人間関係は、依存的にぐっと近付くか、必要以上に距離をとるか。物に対して大好きか(めったにない大嫌いか)無関心に振り切れて、まあまあとか言っちゃう自分にモヤモヤする。中間がないんだよね。自分が納得していないのに人に定められた“適度”にじっと留まっていられない感がある。ちょうどいい加減っていうのが難しくて。世の中は大体ちょうどいい感じで廻ってるというのに、自分の矛盾やうだうだした感じにも慣れているというのに、なかなか適度な距離感は身につかない。

ポジティブな感情からきているのはわかっているが、「大丈夫だよ」と言われることでその人との心の距離がさらに開くことがある。何を以てそう言えるのか。例え本当にそう思ったとしても、それを実際に本人に伝えるということは、どういうことなのか。純粋な優しさと受け取れないのは私の心の汚さだから、それを開き直って攻撃的になるつもりはないけれど。相手に対する信頼度もあるかもしれない。素直じゃない、人を信じていない自分だと判明することにも傷つくし、そこまでの関係じゃないと思う人に言われる「大丈夫」は重さを感じられなくてまた傷つく。

ひとがいないと生きていけないから、ちゃんとした距離感でやっていきたいけど、相手にも自分にもフィルターがかかっているから、一生このままかもしれない。世の中に完璧なんてないのだろうと思っていても、知らず知らずのうちに小さな的を狙って勝手にストレスを感じている。適度だの適当だの思い込むしかない。「私のことは私しか知らない」と言い張るのなら。

 

何もできない 距離感 完璧な世界 素直じゃないAmazonで検索