こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

ころされないりゆう

先日起こった無差別傷害事件について、思ったことはいろいろあるのだけれど、ここでは“事件に対して”は特に綴らない。まだまだわからないことだらけだし、事件と相対したわけでもない、ほんの少し聞き齧ったような状態の自分が、訊かれてもいないご意見ベラベラするのは、なんか違うと思うから。どうせすぐに詮索隊や正義警察みたいなのが横行し始めて、真実や正確さは埋もれて、うんざりさせられるだろうし。ただ一言、ニュースで知ったとき「怖ぁっ...」と声に出てしまった。「幸せそうな女性」という文言にも引っかかりが大きすぎる。

事件後、正誤様々な情報が案の定飛び交い、“受け取る側”として精査選別する日々なのだが、「フェミサイド」という言葉をもって議論が行われている界隈で、某氏のとあるイラストが渦を起こしているようだった。女性に刃物を向ける男性、少女との思い出を訴え悲劇を止めようとする別の男性、恐らく女性=少女で、止めているのは父親だろうか。私はそう理解した。なんの変哲もない“当然”の状況の一場面、私だって最初はそう思った。けれどなんだろう、一瞬深読みしてしまった後のこの違和感は。

そこに付いていたコメントによって、私は大いに気づきを得た。「誰かの大切な人だから、殺しちゃいけないんじゃない。誰もかもその人自身が大切だから、殺しちゃいけないんだよ。」ああ、なるほど。希死念慮を口にするたび励ましとして言われた言葉に、更に違和感を持ったのはこれが理由だったんだ。「君が死んだら親が悲しむよ。」「(恋人が)君が死んだら僕はもう君と会えないじゃない、それは嫌だよ」ごもっともなんだけど、理解できるんだけど、なんだかなぁと思ってた。冷たいようだけど「だからなんなの?」と思うことも多々あった。“誰かに想われている”という価値、“誰かの身内である”という価値、“他人の人生の一部分となっている”という価値、それらはありがたいことで、恵まれていて、確かに実在する価値だと思うけれど。「“誰か由来”でなきゃ、私に価値なんてないの?」そうやってひっそり、こっそり、傷ついていたことに、この期にやっと気がついたのだ。

あのイラストが、父親目線で描かれているというコメントを見て、それも理解できると思った。目の前に迫った危機に対して、宝物だからとかひとりの人間としてとか性別とかいちいち考えずに、ただ娘を助けたいと思って取る行動、それは純粋なものだと思う。けれども。いや、さればこそ、か。素直な表現だからこそ、本質とリアリティを洗い出す。狂気な人間に対して思い出でネゴシエーションとはいかがなものだろうか。先述の事件を風刺しているのだとしたら、「幸せな女性が憎い」という犯人に「愛されてきた女性の過去」を説いたら逆効果...「じゃあ...」とますますターゲット化するのでは?という疑問も。そして何より、(実際はセリフ等付けられてはいないが)「私の大切な娘を殺さないでくれ!」が本意だとするならば、そこが一番ギョッとした所でもある。

父娘の愛を否定するつもりは毛頭ない。イラストの中で“父”が泣いている、その感情もわかる。描かれていることが全て、なのだから深読みしすぎなのかもしれない。「父親がいない娘さんだったら?」「女性じゃなくても?」「大切に育てられてない人間は?」とか、いくらなんでも言いがかりだと、言われてもしょうがない意見もあるかもしれない。(でも「純粋に良い話・泣ける話だと思いました」と言っている人に、クレーマー呼ばわりされる筋合いもない。)イラストは一枚絵、単なる一例、オールマイティを求めたものではない。ご自身の立場のひとつが「父」だから、その目線で描いただけなのだろう、きっと、恐らくは。親子愛の一表現で犯罪抑止の意図はほぼなさそうだ。(あくまで私の推測だ。一応。)ただ、それなりに有名な方の作品だと、注目度も影響もあるし、真意を知りたいなとは思う。人を大切にすることが、それ以外への侮辱では決してないはず。親子間の愛情が所有欲であるなんて主張はどこにも表現されてないはず。

「愛されているから」と僻んで犯行に及ぶ人間がいる。「父の大切」だからと守られる娘は「愛されていること」に感謝するだろう。誰もに憎まれる犯罪者の命を必死で救おうとする医者がいる。神にでもなったかのように「不要」な人間を排斥する人間がいる。他人から見た価値、自身で感じる価値、何を選び取ったって自由だ。私はこの件で自分が“他者に由来しない価値”がずっと欲しかったんだとわかった。愛されたら、大切にされたら、もちろん嬉しい。この世にはたぶん私の10分の1ほどの愛情しか知らない人もきっといる。それでも、その人と私は“ひとつだけ”という共通項のもと等しい価値だ。誰かに所有されていなくてもどこにも所属していなくても、殺されちゃいけないってそういうことだ。

重要なことに気付いたからといって、実感できるかはわからない。でも、自分を愛してるって言う人が、どういう景色を見てるのか、またはこれから見ようとしているか、ちょっっっとだけわかった気がした。

 

人間の価値 自分を愛す 大切 ひとりで生きていく みんなで生きていくAmazonで検索