こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。

君が正しい理由を教えて

昨日書いた、「作者が咎められる人間だとしても作品に罪はない」的な話と、逆のことが最近また起きてるね。「作品が悪なものだとしても、作者の人間性すべてを否定する理由にはならない」急激に盛り上がる攻撃に、迎撃したって埒があかない。どうしてこんなことになってしまったのかな。世の中おかしなことばかり起こる。私がおかしなと言っているのは、その作者とやらのことでなく、社会や他者である人間たち、集団の狂気に対してである。

その罪を擁護するつもりはさらさらなくて、全世界で絶対悪と認識されているということと自分自身が倫理的に無理ということを理由に、罪は罪でその通り、罰も妥当だと思う。でも一瞬にして、まさに掌返すように、ひとりの人間を総批判するのは、どうにもこうにも違和感ありすぎる。皆そんなに他人にとやかく言えるほど、聖人君子なの?今まで何の間違いも起こさず生きてきた清廉潔白なの?人は間違いや苦難を乗り越えて変化を繰り返して生き続けることを選んだ結果、今ここにいるわけだから。過去の一瞬だけでフリーズして、またはスキップして今に至るわけじゃない。間違いに気付いては正し、失敗しては改善を続けている過程を無視して、「過去も現在も未来も同一人物のあなたでしょ?過去の罪深いあなたは現在も未来も同じく罪深い」って、なんて暴力的な考え方って思う。

あまりにも無知のまま攻撃にかかる人が多すぎる。怖くないのかな。何の予備知識もないまま人を咎められるって随分とまぁ逞しい。正義感がそうさせるのか。「なんて酷い」と目も耳も塞ぎたくなるような事象だとしても、前後の文脈は?とか、それに対しての本人の弁は?とか、これまでどうしてきたの?とか、知らないことが多すぎて、そんな気軽に人叩けない。若気の至りなんて言葉では済まないのかもしれない、反省したとしても足りないのかもしれない。でももし自分が他人を責めるなら、たくさん正確な情報をもとにちゃんと考えてから、だ。じゃないと二の舞になるかも。たった数秒がその人の人となりであり人生、なんて、神様でもなきゃ判断できないわ。

賛同する批判するに関わらず、どれだけの人間が、自分じゃない他人のことをちゃんと理解しているのか。実際、理解するどころか、100%知ることなんて不可能だ。だからこそ、人生のうち一瞬の交わりを大事にする。人間の、ほんの一部分に触れただけなのに全てを手中に収めたつもり?「初めは知らなかったんですけど...」って付け焼刃みたいな人が知ったかぶりで話してると、なんだか自分が恥ずかしくなる現象が多発する。できる限りしかできないことはわかっている。それでも状況や環境や時間に煽られて行動判断を間違えるのは、人間そのものを見ていないんだなって、最近のアレコレでよくわかった。

 

正義 理解 完璧な人 罪と罰 不謹慎Amazonで検索