こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在、時遡って更新中。)

うたうたいはうたうたいたいといい

久々にカラオケ行ったら全然声出なくて悔しかった。私でも悔しいって思うときあるんだなぁ。マイクで歌うことにブランクがあるのはもちろん、完全に体力不足なのと、基礎的な教育を受けていないからかもしれない。楽器である身体を鍛えるのは自己責任として、歌いたいという意識と現実のギャップを埋めるのに、人に教えてもらうって大切だなと思った。しかし田舎にそんな場所はないので、怠惰が最優先ならば独り遊びの選択しかない。

どうして上手に歌いたいかというと...よくわからない。これといった目標があるわけでもない。ただ歌うのが好きだから、気持ちよく歌いたいだけだ。過去にオーディションも受けたことがあるけれど、歌手になりたいと熱烈に思っていたわけではないから、本気で目指している人達には、だいぶ失礼な参加者だっただろう。ただ受賞者が受けられる特別レッスンが羨ましかった。ちゃんと教えてもらえるってやっぱりいいな。当然、予選敗退レベルにはそれを望む権利すらないわけで。勝ち上がることが目的のオーディションには断然向いていないことはわかっていた。もしお金があったなら、ボイトレに投資は必至だろう。こんなところでも、無目的で無意味な行動と言われるかもしれない。「歌が上手になって、それで何になる」「人生の役に立たない」「目標もないのに無駄な豊かさだ」とか。それはその通りだと思う。歌に限らず、私の微かな意欲は全部、“何にも繋がらない”無意味なものばかりだ。「暇つぶし」と言われても、それはそれでしょうがない。

レッスンなんか受けなくても、学校に通わなくても、師事する人がいなくても、何かと上手な人はいるでしょう?世の中はそれを天才って呼ぶかな。もちろんその天才達も努力を惜しまない人が大概だとは思うけれど。で、言えば私はそのフィールドのどこにも属してないからね。だから、才能でいえば“無い”だし、努力でいえば“していない”だし、運良く望みが叶う人をラッキーと呼ぶなら“ラッキーではない、というかそこまで熱い望みがない”だ。私は自分が気持ちよくなるだけの、自己満足の塊みたいなものだから、上手に歌えたその先に何かあるなんて、端から期待しちゃいけないんだよ。

多少上手く歌えたところで、絵が上手くかけたところで、毎日文章を書き続けたところで、それを先に繋げてどうこうしようという気がないから、生きる術にも糧にもならない。生きていくための目標にそれらを掲げること を何度か勧められたけど、みんなご存知の通り、怠惰だから。実力不足な上に、熱意不足だ。親切な人もサポートのしようがないらしい。それでも今のところはまだ、微かに気持ちがある。「今よりよくなったらいいかもな」程度で。

nanaで時々歌っている。録音の音質も音量も適当すぎて、これも綿密にやっている人から見れば「その程度かよ」と思われるかもしれないが、しかたがない。様々なキャパシティの総合的判断なのだ。歌いたいからやっているが、聴いてもらうとそれは純粋に嬉しい。広い深い繋がりは特に求めてないからSNSとして機能してはいないけれど。投稿を重ねて練習し続けている気になっている。誰にも響かないとしても、歌った・公開したという事実だけが自分を宥める方法だから。

 

カラオケ 歌を歌うこと 歌がうまくなりたい 役に立たないAmazonで検索