こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

トラスト

信じたいものを信じる。でもこの世に信じられるものはどのくらいあるのだろう。私は宇宙の話を聞くのが好きだけれど、偉い先生が話しているからなるほどと思うだけで、信じてはいないのかもしれない。積み重ねてきた時間やピンと来た勘だって、信じる理由になるかはわからない。その時々でそうなのだと納得して、(もしくはひとつひとつに対する反応に疲れて、)思い込んで過ごしている。それが信じているにあたるのかがわからない。そもそも信じるってなんだよ。

別に信じなくても、信じていないと口に出さなくても、生きていけるけどね。自分の心の声とか考えないで、流れに任せて過ごしていても、時は平等に進む。ただ、寄り添うものが何もないとするとしんどいかも。別に他者を信頼しなくて、自分だけ信じて突き進めばいいって人もいるじゃない。その人にとって自分自身がバディだから。寄り添うものに自分自身を選んでいるだけで、何も信じていないわけじゃないだろう。全く、となると、今立っているこの世界すら揺らぐことになるね。私は自分が一番信用ならないし、その私を平然と生かしている世界にもなんだかんだ疑心暗鬼だ。「そうですね」と何百回返事をしていても、心から唱えたことあるだろうか。

しかし一切合切信じていないようで、それらを深く追求しないだけで当たり障りなくスルーしていることがほとんどだと思う。やっぱりやり過ごすのは問題ない。信じるフリでもいけるし、一瞬だけ信じるでもそれなりにこなせる。だから生きてこれている。大丈夫なんだけど、少しだけ不安なんだ。何もかもを(仮)で捉えていると、どうも地に足着かずでふわふわしているようで。自分が自分でないような...というのもきっかけに過ぎない。信じられないものは置いておいて、次、次、...次は一体何で、どこにあるの?

大体のことの、「まずは」が出来ない。そこさえクリアすれば、意外とその後は既にクリア済みだったりする。「まずは信じる」「まずはやってみる」「まずはきっかけ」その第一段階どころかゼロ地点にさえ立てないから、いつも360°自由な迷子だ。「まずは信じたいものを信じて」って簡単に言うよね。そういう人ほど、それどういうこと?と訊いても、ちゃんと説明できなくて、真っ直ぐで、可愛くて、羨ましいな。はてなを捨てるだけで、だいぶ楽になりそうなのに、いつまで初歩の初歩に立ち尽くしてなきゃいけないんだろう。

 

余談;作詩するとき、しれっとtrust meなんて綴る私は痴れ者ですか?わからないこともわからないまま言葉として使うのは別にいいでしょう。そう思いたい。嘘だ妄想だと言われても、どっこい胸張って、書きたいことを書く。「信じて」としれっとさらっと云う。

 

信じるってなんだ わかっていてもできない 信じない まずはじめに trust meAmazonで検索