こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

存在してなさそうで存在してる的な

語彙力には全く自信がなく、長文をまとめきれないところは口頭と同様で、特技には程遠く、趣味というよりは修行で、仕事でもないのに“好きだけじゃやってけない”を感じている。表現に言葉を選んでいるのはたまたまだ。あと手軽さ。別に歌だって絵だって嫌いじゃないし同列くらい。今はパソコンでこれを書いているけど、手書きもいいよね、字は絶妙に下手だけど。

書いている私は、脳内から排出されて並んでいる文字を見るとひとまずOKを出す。格好つけたがるけど格好つかないし。上手にやらねばと思うけど一向に上手にならないし。特に覚えておかなくてもいい脳内会議の議事録を、オチなく残しているような。でもそれでいいって最初に決めたから。世の中に美しい文章は星の数ほどあるのだし、ひとつくらい「なにこれ」って箸にも棒にもかからない駄文があったって別にいいよね。そもそもぐうたらなスタンスだから、読み物には適さない気もする。しかしながら、人の目に触れることは一応存在を認識してもらえるということだから、ありがたい話なんだけどね。(ありがとう。)

物語を書いたらと勧められたけど、繋がりがあっちゃこっちゃ行くのよね。致命的じゃない?過去の筆が乗ってる時(というかただ次々と書いただけ)って、リアルがぐちゃぐちゃな時が多い。だからファンタジーを書いているようで本当は投影してるんだよ。もしくは現実逃避でとりとめなく混沌とか。歌詞も日記もさ、荒れてる時が一番数はこなせたね。あとで読み返してみると、内容が何回もダブってたり、順序が乱れてたりで、結果使い物にならないけどね。絵とか自撮りとかは別だけど、文章は昔書いたやつを見てもあんまり小っ恥ずかしくならない。「あぁ当時の私だなぁ」(いきがってんなぁ・荒れてんなぁ)とか思う。今の自分に同じものは書けないから、なんだか別人のものを見る感じ。(絵もそうではあるけど、基礎的なことがなってなかったり、評価がフラッシュバックしたり、むしろ今の方が下手過ぎるから、現状に対して恥ずかしいのかも。)今も昔も、狭い世界の中で生意気なこと言ってるなぁ。“らしさ”とかも未だわからないままだから、「とにかく出すしかない」ってのは過去の自分から見ても「何、まだやってんの」って言われそうだな。ごめんね私。まだ“理由or言い訳探し”から抜け出せてないんだよ。

以前から、生活感や日常の行動を公に出すことには違和感があった。「今日食べた物~」とか「最近行った場所~」とか。「本日の服装」とか「ハマってる飲み物」とかSNSに載せてる時期もあったけど、元々飽き性なのもあって、短期間でやめちゃった。「芸能人でもないのに何やってんだろ...」とノリツッコミしながら。人に見られるお仕事の時はそれなりに必要で正解だったと思うけど。今は昔と違うし、自虐もエスカレートして、「誰も求めてないわこんなもん」って本気で思うからね。私が何食べたとか、万が一知りたい人がいたら訊いてくれたらいいし、それに答えるので十分だなって気付いた。それだと結局どのジャンル切り取っても同じだろうけど、唯一私の脳内だけは、何かしらで出力するまで、私以外誰も知りえないからね。そっちにしよう、その方がまだあんまり違和感ないなって思ってこれここに至ってる。

 

語彙力 文章力 表現手法 脳内会議 ブログAmazonで検索