こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

真ん中に沈む

もうそろそろ己の欠陥トークに飽きてきた頃だと思う?いえいえ、私のネガティブは底知れなくて、放っておいたらどこまでも沈んでいくタイプだよ。むしろここまでのグダグダを全部読んでいる人いたらその方を労いたい。ネガティブなことばっか読ませて疲れさせてごめんね。

前向きな文章なんて、もうしばらく書いていない気がする。受験とか就活とかでさ、意地でも向上心みたいなの見せなきゃいけないときは、結果はどうあれ努めて書いたけども。本音なんか見せたら、面接官がキレるレベル。

歌とか、誰かに届けるっていう意識があれば、前向きなこと、明るいことも言えるんだ。相手を苦しめたいわけじゃないから、困って欲しいわけじゃないから。わかりやすさとか明朗さは、無理やりとかじゃなく、目的意識によって引き上げられることがある。でも、ただ“私”を表すとき、本音、現状、吐露するときは、周りや1対1の相手関係なく、私の中での光の強弱、だと思う。となると、私そのものは明朗快活でもポジティブでもない、まさにこーんな感じの、自分だ。

意識が、視点が、内を向くだけじゃなく、内側のさらに奥、真ん中のさらに中心へダイヴしようとするからやっかいだ。と自分でも思う。潜りすぎれば、外側の声だけでなく、外寄りの内側の音にも気づけない。自分の声さえ見当たらなければ当然、フラフラ迷うことになる。

というインナーユニバース的な話はもうやめておこう。今回は。私もだんだんわからんなってくるし。

とにかく、ネガティブは私から切り離せたことがないし、自虐的ナルシズムとでもいえそうなくらいの自分語りの量だけど、今のところ誰も傷つけた実害はないということで、あとセルフケアの一環ということで、今後も読む気が起こる人には改めてよろしくと握手を。(消毒済み)

ネガ~だけど、どっかで諦めも入ってるから、私は生きてこられたんだろうなーと思っている。ポジティブになるより、落ち込むより、優先してきたのが怠惰なんだと思う。悟りといわれたこともあるけどそこまで高尚じゃないから、ただの面倒くささと諦念。ネガのどん底はきっと最期だけど、遅かれ早かれ底にタッチする前に諦めるから、生き続けることが今現在できているんだろう。私の生に感謝する人がいるならば、ネガティブを責めずに怠惰を讃えて欲しい。(うそうそ、何もしなくていいよ、)

こういう内容が、これから延々続くとなると、書く私はうんざりなんだけど読んでる方はどうだろう。やっぱり同じくらいうんざりかな。そんな生活してないからポップで爽やかな文章なんて書けないんだけど、陶酔泥酔暗黒酒場みたいなジコマントークばっかりもね...また考えます。(たぶん変わらん。)

「私は、こう」「私は、こんなの」と何度も繰り返してそれが何になる。何にもならない。全ては無意味。世界に“自分”を発信して、だからどうなの、とずっと自問自答してる。私がいてもいなくても何の影響もない世界に、私の存在を知らせて、それがなんなのだろうと。でも生きちゃってるから、仕方がないなぁ。ここで書いちゃってるから、書かないって選択肢を捨てちゃったから、しょうがないなぁ。

 

ネガティブ ポジティブ inner universe ほろよい をAmazonで検索