こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

回るがうまくは回らない

喋りすぎることを悪くないって言って守られているし、散々吐き出せて愉快なのには違いないけれど、また勝手に、知らず知らずのうちに期待して、ズレに気付いてはワンテンポ遅れてショックを受けている。もう嫌だな、もうやめようかな、と思う。毎回この上下を味わいたくないな、疲れるだけだな、そもそも何も残らないな、と思う。

完璧を口にすると高望みだと言われる。それは自分に対してでも、他人に対してでもないのに。別に全てが合致しなくていいじゃないって、本気で思っている・わかっているのに、どんどんズレて分かれて離れていっている気がする。世界とか、感情とか。「わかってるってば!」と半ばイラついている辺り、私自身もまだありのままを認められないでいるんだ。それでいいんだけど、まぁどうでもいいんだけど、でもどうでもよくないんじゃねーの本当は、みたいな。

どっちが先かなんてもう今更決められないんだろうけど。自分のことを大事にできないから、他人に対しても“大事さ”を表しきれないのかもしれない。もしくは、他人のことは実際大事だと思えないから、自分のことも大事なんて思えないのかもしれない。それでも、自分棚上げでも、他人には自分も相手も大事にしあえる関係を築いてほしいと思っちゃってるから、また無駄に期待して、“ちゃんとした他人”と“ちゃんとしてない自分”が永劫続くと、思っちゃってるよなー未だに、ズルズルと。

疲れている。自分が自分であることにうんざりしている。しなくていいことを平気でしたり、するべきことを投げたり、もう二度と なんて一瞬後悔したところで、すぐ忘れて同じ失敗を繰り返している。あと失敗にも然して後悔や反省をしないところ。過ぎ去っていく全てにしょーがないと手を振って、だけども絶対に忘れさせてくれないところ。

やっぱり表現したもの以外の受け取り方をされると私は大層困惑するんだな。「ない」は「ない」でしかないのに、「ない(と言っておりますが内心ではこのように考えており恐らく...)」みたいなのを他人にされるのホント困る。外があれば内がある、表があれば裏がある、のかもしれないが、それがあるかないか、どのくらい・どのように表現するかは私の裁量だし、勝手に決めつけられると、急速冷却で言う気も失せる。仮定するなら、仮定するよってちゃんと言ってから展開してね、ってどんな相手に対しても思う。しっちゃかめっちゃかな私をピックアップするだけならまだしも、余計なもの付け足して「受け取った」なんて言い張らないでよねって。

興味を失ったら、限りなく死に近づくっていうけれど、近づいても近づいても死なないってのが単純なくせにややこしくて、選択の幅は広がらない。世界は鮮やかなまんまだっていうのに、私自身がゆっくりと着々と、霞んでくすんで行く。私の逃げ癖が発動したとき、みんなして「少しは休んだらいいよ」と言ってくれたけれど、少しってどのくらい?あと何時間、あと何日、あと何ヶ月、あと何年、一体どうなるまで、休めばいいのだろう。「そろそろ休むのは終わりにしたら?」と言われても、どういう理屈から来た“そろそろ”なんだろう?休みって、人生の休憩~とかって、名前つけたって結局、生産性のない無駄な時間って、認定されていることを改めて知る。

誰かのフリをして、何かのつもりになって、生きるのだって簡単ではない。それなのに、不適な自身で勝負しろって、けしかけられているとしても、「はいはい、承服しました」とはまだ言えない。

 

喋りすぎる 深読み 逃げ癖 をAmazonで検索