こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

こちらだって向こう側

もはや癒しさえ癒しとして受け取れなくなると、結構キテるなって思う。次々と情報を捲っていく自分の指さえ疎ましいし、質より量を求めているような前のめりの姿勢も、自分の体、自分の目ん玉なのに、ほんとままならない。

本来は、ただの生存確認とか日常の連絡手段としてしか機能しなくていいものに、こんなに心削ったり疲弊しているのは、ばかばかしいことだよね。手に取れないものを全部ファンタジーとして受け流すのは確かに気が楽だ。だけれども、向こう側に、人間が、現実が、現実的事象があるということをもう知ってしまっているから、そうだと思い込んでいるから、隔てるものはなるべく薄く、薄くなっていく。

自分を苦しめたい質、なんだろうか。不穏には、十分に戸惑い、不必要なほどに怯え、情報量の多さと複雑さにも、一気に疲れてしまう。「明るい方見れば?」と言われると、それはそれで眩しいし、とたじろいでしまう。

意志が弱いなぁとは常々感じていることで。優柔不断を血のせいにしようが、星のせいにしようが、自分は何も覆らない・覆せない。そういうところは自分に甘いなぁと“頻繁に”思うけど、薄情を極めて自分との約束を守れない奴とすると、甘いどころかクズやん、とより自己否定を強めている。

この世で、嫌いな人は一人だけ。好きな人、興味のある人、それら以外は無関心、あと許せない人。私は極めて心が狭い。

所謂“汚い人間”に出会っても、私もその種族の一部だから、全否定できないよね。プラス要素には一切乗っかることができないのに、マイナス要素には、自分の(も)全てが当てはまる気がして、ますます“要らない”って感じ。

好意はないのにずっと引っ掛かってる人、いつまでも許すことができないから、ってことだと思う。私の許しなんかなくても、人は無事に過ごして行けるし、私だって許しを乞うてほしいわけじゃない、今更何かしてほしいわけでもない。ただ、いつまでも、覚えているだけだ、喜ばしくもないところに刻まれているだけだ。

いずれ、吐き出そうと思っている。並べて、一歩下がって、見てみようと。これまでの傷、最中の傷、これから先につくかもしれない傷はそれぞれ全くの別物だけれど、私の手放せないものが、それらにどれだけ影響を与えているのかはちょっと知りたいな。向き合うってのは、たぶん結構苦手分野で、努力しないといけないかも。いつか、非公開でも。

 

許せない 優柔不断 生存確認 をAmazonで検索