こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在、時遡って更新中。)

惰性と理性

咳が思ったように治らなくて、鼻歌すら満足に歌えない。(それでも歌ってるけど。)「リハビリ~」と言いながら、同じ室内で歌ってるから、淀んだ空気を吸って吐いてしてるだけかも。一度カラオケボックスにでも行けば、ケロっと治ったりしてね。空気清浄機も完璧ではない。どうやっても毎日猫の抜け毛は出るし、古い家だからホコリはすぐ溜まるし、あとパソコンを今度こそ長く使いたいから、掃除機は必死でかけるんだけど、それでも居座るハウスダストかなぁやっぱり。昨晩も鼻はつまるし息はしづらいしで眠れなかった。が、焚火の映像見ながら寝落ちしてた。冬はとてもこれが良い。アウトドアは嫌いだけど、火を見るのは好きだ。癒しのひとつ。

「惰性」を辞めたいと最近ちょくちょく思う。惰性で食べ過ぎてしまうこと、惰性で寝過ぎてしまうこと。まだまだある。SNSを目的なくスクロールし続けてしまうこと。フォローフォロワーだって、本当に興味のあるものだけにすればいいのに、何かに応募したきっかけで登録して後解除してないとか、フォローされたから気を遣ってフォローして...とか。SNS始めたての頃と比べれば、だいぶドライになったというか、必要なくなったらサクッと削除・解除・リムーブ、とやれてるつもりではあるけど。ブロックも昔は相当な覚悟を持ってやってたけど案外問題ないなと。自分の価値観、自分の時間だしね、そこはもっとシビアになってもいいのかも。あとは持ち物―「いつか使う」を未だに継続してしまっていること。状態がいいと「まずは売る」思考になっていて、潔く捨てられなくなっている。でもこれって、手元を離れるまでスペースと時間と手間と...「要らないもの」なのにめっちゃ幅きかせるじゃん、って思って。ひとつ言い訳を見つけると途端にそれを使いまわすから、惰性からなかなか抜け出せない。自分に甘い。

「したいことが見つからないならまずしたくないことを挙げてみたら」っていつかどっかで読んだな。どうしても、何が何でもやりたくないこと、人ってそんなに思いつくものだろうか。極論しか思い浮かばない...。私のしたくないことが誰かのやりたいことならラッキーだけれど、私のやりたいことが誰かのしたくないことで、そこでパズルがかちっとハマる、なんてのは奇跡でしかないよな。拒否を沢山論ったところで、その先はどうなるのだろう。ただ駄々をこねてるだけ、ワガママ言ってる、みたいにならないかな。

家から出ないことももはや惰性だ。その気になれば、いくらだって空気の良い所へ行けるのに、動きたくないばかりに今日も咳に振り回されてる。皮膚が弱いのも、太陽に当たってないからじゃん?って言われた。日焼けしたらしたでまた困るのだけど。そんな今日は絶賛寒空で、外はずっと暗いまま。太陽のことまだ忘れてないだけマシとしてくれないかしら。

 

惰性 鼻歌 ハウスダスト SNS いつか使う 断捨離 寒空Amazonで検索