こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在、時遡って更新中。)

GAME APP RHAPSODY

私はわりとコンスタントにスマホでゲーム、やってる方だと思うのだけれど。あれは本当に時間を溶かすなぁと常々感じている。毎日のノルマを課されてる場合には、貰えるもんは貰いたい精神で、せめて連続ログインだけでも達成しておきたい。微々たる喪失感を味わわないために、ものの見事に引っかかって、自分最大限の“クリア”を目指しているわけだ。おまけに同パターンのアプリを複数とっているので、ゲームの数ぶんそれを繰り返しているのである。無課金勢なので、だからこその行動、ともいえる。無料のままでできる限りのことをする、お金より労力を払う、それでもしサボっても、うっかり忘れても、ただ気持ちがしょんぼりするだけで、失うものは案外少ない、と思っている、今は。まぁただ単にケチなだけだけどね。

できないことが出てきたときは、わりとすんなり納得している。だってしょうがないよ、無課金だからね、と諦められる。時間ギリギリまでとか、ライフが残ってればとか、足掻きはするけど、どっかで冷めた目をした自分もいて、「あ、こりゃあかんな」と思えばスイッチを切る。ムキになって課金に走ることはない、というか、課金しないことにムキになってる感じかもな。タイマーがなくても限度を突きつけられるから、四六時中熱中みたいなことはないね、まだ。

しかしまぁ、複数を渡り歩くと、かわるがわる連続して時間を費やしているのが事実だ。思春期入口の甥たちに「ゲームばっかやってたらあかんで」と言えない立場だ。ログインしなくても死にゃぁしないのに、毎日律儀にログインしてプレイして、一喜一憂しちゃってる。音が出せない環境でそれでも音ゲーのイベント終了間際、音無しでプレイしているとき、「あれ、私これ何のためにやってるんだっけ」ってちょっと思ったよね。「夢中」と言えたなら、それはそれで人間かわいいだと思うんだけど、そこまでの情熱ないと思えば少し切ない。でも実際底辺プレイヤーだからね。ゲーマーを名乗る人から見れば足元にも及ばないだろうが、大多数のユーザーの平均プレイ量はどれくらいなんだろうか。そこよりはきっと私は少なめだと思うんだ。1日24時間は平等でしょうに...皆どうやって時間を捻出したりスキルアップしたりしてるんだろうね。

誰かと競うよりは自分の限界に挑戦する形の方が性に合ってる気がする。ランキングとか、一瞬滾るけどすぐに別にいいやってなる。いつだって、どんな場面だって、一斉によーいドンしてもすぐ追う立場。上には上がいて、その人の目標が「上ること」なら私にはそれが無い。だから競い続けるほどの忍耐力がない。黙々と、ピースをはめていくように、ひとつひとつをクリアしていく系が、私の好きなゲームかな。どっぷりはまることへの恐怖心を常に持ちながら、他人様の素晴らしき発明を堪能する日々である。

 

スマホゲーム ゲーム中毒 音ゲー ゲーム音楽 無課金 プレイヤーAmazonで検索