こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

筋違いの期待だけ膨れ上がって胃もたれ

たまに、努力して“変身”した人を見て、胸がざわつく時がある。便乗するかと思いきやそうはならないのだけれど。でも、180度見える景色が変わったと言っている人を、どういう気持ちで見ればいいのか、正解を探そうとしてしまう。そんなの、好きにしたらいいのに。触発、されたければそうなればいいのに、なかなか動かない自分に、「きっかけはどこにあるの?」と訊いても、答えになるような言葉を差し出せない。

私は意志が弱いなぁと思う。強い意志を持たなければ、と誓う意志がもう弱いので、一向に予想外の結果は現れない。そりゃそうだろ。自分との約束はすぐ破るし、それで損したと感じられないほど鈍い。こういう場所にこうやって言い訳ばかり書いている人間が本当に強い意志など望んでいるのだろうか。大逆転になんて堪えられる気がしない。

己の話はもう沢山だ。と言いたいの、本当は。でも、他人の話もそうそう勝手にしたくはない。私自身のことなら、責任は全部私にあるから、じゃあそこんとこ絞りだそうかな、とすると、結局自己満足の自分語りで埋め尽くされる。「我が、我が」といくと「愛されたいの?」と訊かれる。どうかな、嫌われたくはないけれど。「自分の姿も器量も文章も画も音も、何も誇れるものはないんです。」そんな人の何をかって好んでくれるだろうという話でしょう。でも実際、自分も信じられなくて他人も信じられなかったら、自信なんて降って湧いてきやしない。自分を“述べる”だけでもういっぱいいっぱいなの、わかるかな。

“いい距離感”が欲しい。自分とも、他人とも。自分のことを見つめすぎると、合わせ鏡のように、どこにいるのかわからなくなってくる。他人は、私が気にするほど、こちらのことをまるで見ていない。近すぎるのは煩わしくなるから、遠く離れているのは安心、と思っていたけれど...。相手にとって、私は居ないも同然なら、それは距離感どころの話じゃない。急に同じものを求められた気になる。つまり相互の無、関係の無だ。世の中にこんなに人間がいて、死ぬまでにひとりぐらいは、ベストな距離感の人に出会えるだろうか。それとも、(それまでの期間は短いから、)誰とも実感し合えずに終わるのだろうか。

なんとなく“残したまま”の人間関係がちらほらある。切り捨てるほどの問題もないけれど、これからの展開も積み重ねも恐らくないものだ。思い出とか期待で置いているわけではない、ただ“何もしていない”だけだ。時々目についたとき、私は自分自身に問う。「執着があるの?」「罪悪感があるの?」と。考えたくないな。相手に期待するのもよくないけど、自動でどうにかなってくんないかな、と思ったりする。もしくは私が、一部記憶を失ってしれっとした顔していたい。

 

変身 触発 意志が弱い 自分語り 自信 距離感 人間関係整理Amazonで検索