こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

オモイドオリ

想するのはタダ。私は、歌って暮らしたい。ただ歌って、書いて、描いて、植物を愛でて、動物を撫でて、一生を終えたい。けれど、どれも“生きる為”の理由にはならない。それらを実行するための準備段階が、苦ではないけれど興味がない。好きなものの前に嫌いなものを、好きなもののために先に嫌いなものを...「それができないなら、それは本当の好きではないのだよ」そう言われればそうかもしれない、なんて本当に自我が弱い。

どうして思い通りに生きられないの?それは意志が弱いからだよ。自己中心的だからだよ。お金がないからだよ。何が何でも働く気がないからだよ。才能がないからだよ。奇跡は起きないからだよ。努力をしないからだよ。わがままだからだよ。確固たる自分がないからだよ。何も信じないからだよ。そういう世界だから仕方がないんだよ。そもそも思うところが定まってないからだよ。生きる気がないからだよ。

もっとお馬鹿さんなら、自己中心を極めて流離える、もっと頭のいい善良な人だったら、誰かのためにその命を燃やせる、大きく失い大きく得る、狂人と呼ばれても振り切れてるほうが、いい、と思っちゃう。私はもう長らく人間をこじらせていて、時々、猫になりたいや風になりたいと言い、年齢を確認され呆れられ笑われ、こりゃマジで辞めたくなるなんて、人間の言葉を吐いては据わった目を閉じている。毎日感動して、毎日絶望的な気持ち。わかる~とか言われると、途端に量産型の気持ち。

何がどうなれば、自分の目が覚めるかを、もう少し考えてみる。その辺の先生でも追究できるようなお手軽さならいいんだけど。夢の中で怒って疲れているのは、現実の身体の運動不足らしい。なんらかの運動をしよう。運動は嫌いなのに、自分の為とすぐ取り掛かれるのは一体なぜ。嫌いじゃない仕事にはあんなに行くの渋ってばかりだったのに。自分でもよくわからないところにやる気スイッチが隠れているのかしら。

ふと思い出したけど、書き始めの頃、ここの雰囲気があまりにも暗いことに少し悩んだ。わざわざ人の目に晒されるような場所に書くのに、健やかさもときめきも感じられないことばかりなのはいかがなものか。キラキラブログにも憧れがあったしね。(私がやっても胡散臭い気がしてやめたけど。)世の中に自分と似たような性格の文章があるとしても、誰にも読まれないか、そのまま淘汰されるかかもしれない。でもまぁ、仕方がない。それでいっか、と後々思うようになった。格好つけたり脚色もあるけど、嘘やデマだけは書かないでおこう、誓いはそれだけで、気軽に。気軽に、が子供の頃からいつまでも苦手ではあるけど、ボタンひとつで消えちゃうブログに今だけの感情を載せるのは、ある意味気軽かもしれない。

 

思うだけならタダ 思い通りに生きる 自分らしさ やる気スイッチAmazonで検索