こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

はちがつなつにち

例年、ここは運勢がいいと言われる月がやってきた。いや、毎年実感も成果もないけれど。夏は太陽を味方に、と言われるけれど、こちとら季節関係なくひきこもりだわ。四季を愛でる気持ちはあるけれど、その時期がきたからといってやたらテンション上がったりすることはない。羨ましいよ、好きな季節がやってきたと目を輝かせている人。夏の太陽に恨みはないけれど、光の刺激に目も肌も弱い。(まぁ屋内のお店の蛍光灯とかも眩しい眩しい言ってるけどね。)体温調節が下手みたいで、すぐ気温に影響される体調。気分は多少上がっても、両手上げてヤッホイとはならない現実なのだ。ひきこもってるとますます自律神経には悪いんだろうな。明確で適切な刺激が欲しい。

夏までに痩せたいな~とか言うてさ、一度も達成できたことないんだけど。今年は特にひどいなぁ。大嘘吐きだ。努力不足とか環境のせいではない、間違いなく意志の弱さだから、下手くそな言い訳はできない(しなくていい)。気持ちはね、あるんだよ。でも正直、何で痩せたかったのかわからなくなってきちゃった。細くなくても魅力的な人はたくさんいるし、太ってても数値に問題のない健康的な人もいる。好きなひとに良く思われたくて、という承認的モチベーションも実はあんまり高くない。恋人はどんな私でも問題ないというし、外見にとやかく言う人をそもそも私自身が好まないと思うし。(最大限気を許した人に私はずけずけ言うという身勝手ではあるけれども。)身体を人様に見せるというイベントでもあれば、それに向けて頑張るかもしれないけど、そういう機会がないというか、絶対出向かない、それが私、だろうしなぁ。目標とか目的をはっきり作らないと、この先も二の舞三の舞四の舞になりそう。別の用事で身体鍛えて、副産物的に体力つくなり痩せるなりできれば、大大ラッキーなんだけどな。怠惰を究めて早〇年...。

オリンピックを観て、アスリートの方々はほんとすごいなと思う。人体って面白いなって。筋肉や骨もそうだけど精神もね。人間って一つの種にまとめてるけど、本当にいろんな人がいるんだな。食べたもので作られる体、動くことで刺激され変化する体、何もしないで重力に負ける体(自分)、ほんと面白い。本番、勝負に挑む空気が怖くて好き。トレーニング中のその夢中になれる精神を、普段の私にほんの少しだけわけてほしい。運動するときだけ一瞬憑依してほしいくらい。実際アスリートとは対極にいる私だけど、一度でも運動好きって思ってみたいよね。

 

ひきこもり ダイエット 意志の弱さ 好きな季節Amazonで検索