こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

迷子だから位置情報も読めない

「できないことばかり見つめずに、できることを探す。」そう思うままにできればいいけれど、無意識の中から浮上させるのは、なかなか難しいものだ。目の前に並んだ“ない”と認めたものだけが、確かな事実だとつい思い込んでしまう。「きっとあるよ」という不確定さを信じて、0から1でも0.1でも見つけ出すのは、努力でも奇跡でもままならない。

自分には少し一般的から外れているところがあるとしても、それで何かが優位になるわけではない。「やる気になればなんだってできる」と言われても、私はスーパーマンではないし、特殊能力もない。「何だ、普通の人間じゃん」と認識されていて、普通のことすらできないと「普通の中にいながら、特別でもないのに、どうして?」と付け加えられる。どうして?って私が訊きたい。どうしてこんなに平凡なのに、群衆のひとりなのに、大多数とズレてしまうの。

困っているなら助けを求めて、生きづらいなら逃げてもいい、と闇から光へ導く言葉を見かけるけれど、どれも自分向けじゃないなと思う。私は私をそこまで深刻じゃないと思っているから。いや本当に、窮地の人には安心を与えてほしい、救われてほしいと思っているよ。私自身は、(実情の客観視はおいといて)日常生活を送れないほど状態とは言えないし、生きづらさから衝動的な行為に走ることも今はない。人と比べてどうこうっていうのは、たぶん皆が思っているよりも薄くて、自分単独で考えても、私は“ギリギリ”ではない、だから優しい言葉が響く所にいる人間じゃないんだと思う。戦って傷ついているわけじゃない、病気でもない、これは純粋な怠惰なんだと胸を張ったら、誰がそれ以上優しい言葉をかけようなんて思うだろうか。ならば他の言葉は?というと、きっとまだ見当たらないから、相変わらず同じ話を繰り返してる私がここにいる。

ループだなぁ。どうにかして「あなたはこれをやる人生!」って決めてもらえたらいいのに。別に才能をくれ、奇跡をくれって言ってるわけじゃない。「欠けているから、向いていないから、これは絶対できないよ」をたくさん集めたら、そこから溢れた唯一の“できること”が見つかるかもしれない。気力が壊滅的な私を奮い立たせる何かと出会うのは、壊滅的が故に自分ひとりではきっと叶わない。でも、他に誰が手助けしてくれるというの、とも思う。結局これは私ひとりが歩く人生だから。

ひとりで決めて、ひとりで突っ走って、どこまでもわがままを貫くならそれもいい、そういうバイタリティを持てるものなら持ってみたいものだ。自己責任と、他人に言われるまでもなく覚悟できたなら、怖いもの知らずで飛び込める心があったなら、飛び込みたいと獲得したいと思える存在があったなら。そこのとこ、実は平等じゃないんだね。思うかどうかは、人からは見えない部分の自分任せ。迷子の気持ちは迷子にしかわからない。昔迷子だった人でも、今迷子じゃない人には、きっとわからない。

 

人生迷子 やる気 普通の人間 できないことAmazonで検索