こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在、時遡って更新中。)

知ってどうなる

お題スロットを回してみたのだけれど、あまりにも書きたいと思うネタがなくて半笑い。なるほど、うむ、人が読みたくなるのはこういうテーマなのか...、う~ん?私は陰キャ過ぎて、周りが何も見えていないのかもしれないな。どのジャンルを引っ張っても、自分の意見にまるで自信がない。オススメとか美味しかったよーとか、自分の感覚を他人になぞらせる勇気がない。私はわりとオープンだけれど、積極的に何でも話し出すわけではなくて、訊かれたら自由に話すって感じ。話し出せばあけすけだけど、求められてもないのに赤裸々なのはあんまり好みじゃない。意図せずやっちまうこともあるから、そのたびに盛大に「あーあ」と思っている。考えてみて、私の昨日の夕飯にどれだけの人が興味あると思う?つまりそういうことで、必要と言われてないのに、“自分”の一部を公開するのがなんだか気が引けちゃう。好きなものとかお気に入りとかそれらに対してのマインドは変わりなくて、自分の“推し”を褒めてもらえたらそりゃやっぱり嬉しいけども。“私の”好きなものという看板をかざすことに妙に緊張してしまう。最初からある程度の共感がわかっていたとしても、「“私の”って付加情報、誰も要らないよね」と、公にすることを躊躇ったり、いざ調子乗って語っちゃって反省したりする。なんだかんだ言っても、脳内をひけらかしてる方が存分に恥ずかしいことじゃないかとも思う。それでも、自分の感覚やスキルを含めたプライベートを晒すことや、自分からレコメンドに対する共感を求めにいくことが、どうにもスムーズにはできないのである。興味はあるからなおのこと悩む。気軽にできたらいいのに、とも思う。いいのにってったって、何がいいのかわからないけど。

 一貫性や統一性を持たなくても責めない(自分を)のがポリシーだったけど、なんでもいいとした結果逆に、脳内垂れ流しという方向に偏ってしまったなと思っている。もちろんその中で矛盾が生じても、ぜひぜひそのまんま の意識はあるのだけど。素晴らしいだとか愛しいだとか、私のもつ“感想”を聴いてほしい気持ちはある。でも共感とか、同じものを好きになってもらわなくてもいいの。私の綴ったただの記録は私にだけ意味がわかればいいから、それに対して評価とか好みの度合いとか、見えてるもの以上のことを探られたくない。その日たまたまそう考えてした行動を、定期的なルーティンだと勝手に解釈されるのも嫌だね、私は人様に誇れるようなことを何一つしてないことだけが確かなの。

これから先、少しずつでも私のこと以外の事・物について語りだしたら、生温かーい目で見てくだサイ。お題も、引っかかるのがあればやりたいと思うけど、決して誰かをハッピーにする目的ではないことは、今の段階で言っておきマス。万が一、私に訊きたいことが芽生えた時は、10年後でもいいんで、訊いてみてくだサイ。たぶん喋りマス。

 

書けない 自信がない 勇気がない 推しAmazonで検索