こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在、時遡って更新中。)

ぬるっと続く

100いった時にやめるべきだったかなと、思うけど後の祭り。キリの良さを逃して続けてしまっているので、今回もこのまま書くとしよう。と言ってももう書くこと無いんだろうな。思い立つまでが遅いし、PC画面のブルーライトも辛くなってる。昔書いてたの見たらさ、ほぼ同じようなことしか言ってなくて、呆れた。何も変わってないなーって。いつまでも、独りよがりの自分語りで固めて、他者の目を欲しがりながら、他者の足音に怯えている。やっぱり、目的がないと始めるべきではなかったのかな。「日常の小さな幸せを綴りたい」とか「日々の数値的な記録や成果を報告したい」とか「ジャンルを絞った紹介記事」とか「創作物の発表の場」とかさ。上手くやれるひとを羨ましがるだけで、自分には何も還らない。“できない”と思うことが大半であることと、「それって私っぽくはないよね」と思ってしまっていることが、私を後にも先にも動かせない理由だ。ところで私っぽいってなんだろうね一体。

文章が、昔より感情的に突っ走らないのは、明らかに人と接していないからだ。感情をぶつけてぶつけられて鳴るのは人対人。対物と対自分がほとんどの日常の中で、意識的に揺り動かすことをしないのでは、感情の起伏が大人しいというよりもう無だよな。同じようなことがループするのは、それを打ち切る刺激がないから。そう思ってても、今はその気にならないんだなかなか。他の人に会いたくてしかたがない、とはなっていない。家族がそばにいるからってこともあるだろうし、刺激を獲得して振り回されることを、正直面倒だと思っている。好意とか喜びとかは関係なく、怠惰が支配している。このままじゃ、変わり映えなく腐っていくのだろうね。それは哀しいと呟いても、私は「Hello」すら掛けられない。

ここをわざわざ訪れてくれた人のためじゃなくて、自分のために書いているから、これでいいけどこれじゃダメ、を繰り返す。思えば全ての主張がそうだ。絵も音楽もファッションも勉強も、諦め早いしマイペースだから、もうこれでいいけどこれではダメなんだよなぁといつも思っている。一区切りの達成感や爽快なゴールを設けぬまま、リプレイも再挑戦も見逃して、ぬるっと終わってしまう。どこかで手近なノルマを見つけて、ひとつひとつに終わりと始まりを意識すれば、少しは私を“面倒事”から引っ張り出せるかな。

今までたくさん喋ってきたことを、文字に起こせば場を繋げるんじゃないか、と思ったけれど、全然思い出せない。一体何を今までぺちゃくちゃぺちゃくちゃ喋ってきたのだろう。きっとほとんどが伝えたいことじゃなくてただの発声練習だったのかな。今までも愚痴みたいなのとか、偉そうに何目線みたいなブログ書いてきたはずだけど、主張というよりはただの垂れ流しだった。せめて誰も傷つかないでとは思う。気にしないでと思う。当事者以外は。

 

ネタ切れ 人と接していない 自分のために書くAmazonで検索