こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。

なんでなんでなんでやねん

「考えてばかりいないで、行動しないと」と言われても、そういう人もいるでしょう?なかなか行動に移せない人。考えるより前に動く人。臨機応変にバランスのいい人。いろいろスポットはあってもどうしてか私はそこに嵌っちゃう。また「疑問をもつのは素晴らしいよ」と言われても、そんな好奇心旺盛みたいな可愛らしいことではないの。結局は言い訳探しだし、解決イコール一歩前進とは限らないのだから。

私が“なんでなんでマシーン”になっているとき、よく言われるのは「みんながやりがいを持って働いているわけじゃないし、みんながみんな生きがいを持っているわけじゃないよ」「自分の意思、他人の願い...の人もいれば、ただ流れに任せているだけって人もきっと多いよ」とか。それは現実として在るとわかっているけれど、しかしどうして?どうしてみんな“平気”なの。どうして疑わないの。どうして悩まないの。望んでいるわけじゃないとしたら、意識しないというその能力がすごいな。流れのままに、“生命の当然”のように、“普通”に乗り、時を経る。「人間、死にたくないと思うのが普通でしょ」と言われて、「そうなの?」と返したら驚かれた。心の奥底では、深層心理では、と口で言っていることと裏腹なものだとされるのは(「人ってそういうものだ」と括られるのは)、なんだかますます疑念を抱いてしまう。「普通はそんなこと考えないよ」と言われてしまえばどうしようもない。私だけじゃない、私以外にも似たような考えの人は世界中にいるだろうけど、とりあえず私の周囲にはいないみたい。“わからない”“平気じゃない”と思いながらもみんな生きていくんだよと強硬姿勢を説明されても、そうならない、そうできないから、はてなが続くんじゃないか。あまりに“そういうもんだよ”と結論に持ってかれて、ではその“そういうもん”の考え方を、実装しなければとまた思い悩んだりもする。できれば、自分に見合ったできる程度でいいから“生きるつもりで生きたい”って、それを思いつきたい!って考えるの、馬鹿げてるかな。

「大切な人が悲しむようなこと言うな」私の考えていることやこういう場所での発信は、喜ばれるようなことではない。子供の頃は今よりひねくれ具合が弱く、今よりきっと優しかったので、そんなにトラブルはなかった。それでもたまに正直な思いを発言した結果、「どうしてそういうこと言うの?」と泣かれたこともあった。誰かを傷つけるつもりじゃないのに、私の正直な気持ちなのに、“どうして”と言われても“ただそう思ったから”としか言いようがないのに、と自分の感情と別の所で生み出される感情にとても困ってしまった。そりゃあ大人になった私はがんばって空気を読んで、不用意に人の感情突っついてトラブルにならないように、とは思っている。けれども元々の「私が消えたいと言ったら君が泣くのはどうして」「私が死んだら君が悲しむのはどうして」という思いにはあまり変化がない。素直になればなるほど、“みんな”の思う“人って...”というものから離れていく。

 「感情がない」と言われて傷つくなら、それは図星なのか、実際はそうではないのか。“わからない”は“知らない”と言い換えることもできるが、知っていてもいまいち自分のものとしてしっくり来ないことはある。わかりたいから“なんで?”を繰り返すのかな。考え続けているから“答え”が定められる一時の安心が欲しいのかもしれない。

 

行動力がない 普通って何 感情がないAmazonで検索