こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在9月の記事、遡って更新中。)

違反ではなく不履行です

ちょっとずるいこと思いついた。性格的には許しがたいけども、思いついたということは私に潜在的なズルさがあるということだし、私のテリトリーだし、誰も読んでないし、いいかな。そもそもルールなんてなかったってのは言い過ぎだけど、どっちにしろ“毎日”守れてないし、書くことができていれば本質はOKってことで。

そもそも約束事はあまり守れない人なんだよなー私は。開き直り。でも真理だと思うんだよね。守れる気がしないからあまり約束自体したくないし、ギリギリ守れている(かも)を続けているだけなんだよね。忘れ物をしないことも、遅刻しないことも、全部約束なんだ。そして全てギリギリ大丈夫。代用もやり過ごすことも挿げ替えてもらうことも、全て試して騙し騙しやってきたことだから。

いつもね、あまり人の話聞いてない。全部聞いてないわけじゃなくて、集中力の使いどころが偏っている。同じ相手でも毎回ちゃんと受け取れているとも限らないし、いらんこと詳細に覚えていたりもする。その傾向と対策は、まだ自分でもよくわかっていない。

もう少しちゃんとやりたかったけど、これが己の実力なんだよなぁとは、いつもいろんな場面で思っている。もう少し、も思い上がりかもしれなくて。ちゃんとがドコを指しているのかもいまいち曖昧で。それでも、こんなもんと割り切る自分と、もう少しやれる?と様子を窺っている自分が、交代で出てくる。

今の私だったら、約束を守れずに裏切り者と言われても、へ~~~と言ってしまうだけかもしれない。しかたないでしょ守れなかったものはとか、最初に約束苦手って言ったでしょとか、言わないだけマシ...か?〆切に追い込まれる感じとか、なんとか果たそうと足掻く動悸に、たぶん耐えられないと思う。

今は周りがそこまで叱咤激励して来ないし、ずっとこのままとも思わないけれど、早く現状を変えたいとも思っていない。外側からでも内側からでも、もしそういう風に焦らされたら、私はそれがうるさくてしょうがないと思う。うるさければうるさいほど、たぶん立ち尽くすし、動けない。どうにも、事態が好転する予感はゼロだ。

なんだか落ち着かないな。天邪鬼が常時起動すぎて、眠たいときほどあれこれやりたくなる。早く動かなければならないときほど丁寧になってしまうし、すべきだと決まっているのに目下の確認作業が終わらない。日常でどうしてもな事項は以前と比べて減っているのに、それらをクリアできないどころか、違うところに気が逸れてしまう。うーん、どうして自分との約束も満足に守れないんだろうな。大体“実はそんなに大事じゃないから”と済ましているけど。目を逸らしている自分を見つめている自分の目があるんだけどね。

言えないことじゃなくて、言う相手がいないことなら、いくらでも。そういうところに自由を求めたりするけど、結局コントロールしているのは自分自身なんだよね。いや、制御しきれていないというべきか。やりたいように、の“よう”がわからないから、言葉や言い回しを使いこなせないまま続けている。長々話しゃいいってもんでもないけど、一言言い切ることも、どう考えたって無茶。

 

ずるい 約束 ギリギリ大丈夫 コントロール をAmazonで検索