こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。

native NAI

そもそも無謀だったな。日常に全く変化がないのに毎日書こうというのは、日記じゃまず無理だし。単調、ということではなく、本当に、何も起こらないのだから特筆することは無い。だからこそ、脳内を渦巻くまま出そうとしたけど、それもほぼ同じ言葉の繰り返しだから、日を分ける意味?ってなった。

昨日と今日、今日と明日は確かに違うけど、それを記録に残すこと、ただ無闇に続けることは、果たして私の“やること”なのかしら。考えなければ気にならないけれど、考え始めると止まらない。意味とか、価値とか、有無とか、影響とか。でもわかっているよ。全ては“ない”だから。それに、“ない”はある意味、落ち着くよね。

好きなものについて語ってみたいけど、本当にそうなのかしら。自分が何を好きか、どういうところに惹かれるか、公開したいものかしら。望みはどんどん表に出していこう、叶うかもしれないから、というけれど、私は本当にそう思っているのかしら。誰かと意識を共有したいと思う?共感は良いことだと思う?人と共同作業は、できるようで案外苦手だと思うけれども。理解まで望めなくても考えを知ってほしい、この感情を見てほしいと、本気でそういう風に思っている?表現によって、私は鎮静化できているか。出力によって、私は整理されているか。実態にすら全てを確かめられないでいて、真実はどれなのか迷っているし、そもそもそんなものは有るのか無いのか、私の身体は生としてここに在るけれども?、目に見えない“私”に対してはとことん信頼がないということか。いつも思う、自分探しなんて有り得ないと。

決断は偉大だ。それが真実だとか偽りだとかはどうでもよくて、決めてしまえば始まりか終わり、どちらかになるのだから。選んで決めて、その後は前向きだろうが後ろ向きだろうが、傾く方へ転がる方へ、動くことになる。そもそも不可逆的な“時間”の中で生きていてなんだけども、改めて静止の継続を許されなくなる。“時間”に世界に在ると認知される。決めるって証明のひとつでもあるんだ。

私は私を選んでここにいるのかもしれないけど、私 と決めかねているからこんな状態なのかもしれない。覚悟が足りない。そのきゅっと引き締める行為すら、面倒くさいと思っちゃってるから。手から溢れて落ちて壊れたものもあーあと眺めてしまうから。そうやって仕方がないと諦めるまではできても、その続きを臨む決意が出てこない。出るかどうか迷っているとか微かに見えているとかではなく、ただスコンッと無い。私自身から、そう見える。

どうしたら、私を生かしてあげたいと思える?自分の人生に責任を感じられる?死にたくないと思わせてあげられる?今が、あまりにもトラブルがなくて、平静で、窮地にいないから、余裕ぶっこいているように見えるかもしれないけど、なんにも誇ってないし余裕でもない。生きたい死にたくないと焦ってはいないし、死にたい生きたくないと急いてもいない。でも強いて言うなら生に執着が薄い寄りの、どっちでもない、かな。

ない、と思うことは本当に楽してると思うんだよ。“どっちでもある”は在り得るけど気忙しい。“どっちでもない”“どっちもない”はそうだ、そうなんだ、と落ち着く。極端に一方を、または多方を求めると、甲斐はあるけどしんどいものだろう。(しんどいが矜持という考えもわかってはいる。)個別の事象はともかく、人生しんどいのが楽しいという境地に私は未だ足を付けて確認はしていないのである。

 

 

無謀 単調 無闇 落ち着く どっちでもない をAmazonで検索