こんらん

脳内漏洩。怪我しないでね。(現在、時遡って更新中。)

2022-01-06から1日間の記事一覧

「すてき、って」

架空の人物のように生きたいと思ったことはあるだろうか。私はある。一番に思い浮かべるのは『落下する夕方』(江國香織 著)の「華子」だ。初めて読んだ時から繰り返し読んだ後の最近まで、度々、何度も、思った。あんな風に生きて終わりたい、と。憧れなんて…